銀行窓口の接客について

銀行窓口の接客について

銀行の窓口は閉まるのが早い

銀行の窓口は閉まるのが早いと思います。口座からの引き出しや預け入れはATMでできるので夕方や夜でも利用できますが、名義変更や口座の開設などは窓口営業時間である三時までとなっているので不便です。昼間仕事をしている人は昼休みに銀行へ行くか、仕事を休んで手続きをしなければいけません。

最近はインターネットバンキングもあるのでそちらを利用することもあります。ただインターネットバンキングはセキュリティ上の不安もあるので大きなお金を預けることはしていません。やはり窓口業務がある銀行を利用したいというのが希望です。時間外業務を希望する声があるので一部の銀行では土曜日営業や窓口業務の延長をしているところがあると聞いたことがあります。そういった銀行があると他の銀行との差別化が図れるので利用する人が増えるのではないかと思います。私の職場も銀行と似ているところがあって三時半まで窓口営業しています。その後は店頭を閉めて五時まで事務をします。ただ銀行を違うところは閉店しても来店があることです。銀行であればシャッターが下りていれば通用口を入ってくるお客様はいないと思いますが、私の職場では普通にあります。そこが銀行とは違うなと思います。銀行によっては窓口業務が非常にゆったりしているところがあります。来店者も少ないので働いている人ものんびりしています。とても羨ましい職場環境なので私も転職するとしたらその銀行を希望しようと考えています。

関連リンク

Copyright (C)2017銀行窓口の接客について.All rights reserved.