銀行窓口の接客について

銀行窓口の接客について

銀行の窓口で見た少し笑えた事

銀行の業務は医療に関わる業務に次いでとても緊張を強いられるような業務ではないのかな・・と素人ながらに考えてしまう私です。故に慎重に、でもスピーディーに業務をこなさなければならないのでストレスフルな毎日でしょう。その日、私は銀行の窓口に用事がありました。わかってはいるけれど、今日もきっと混んでいるんだろうな〜待つんだろうな〜。そんな気持ちで銀行を訪れました。案の定混んでおり受付番号札をもらいその後は椅子に腰かけボーッとしていました。雑誌を読みふける人、テレビを見ている人、仕事の電話に追われている人、様々いた中で私はボケーッと行員さん達を見ていました。

受付に座っている行員さん達はもちろんお客様に対して顔を向けるような方向で黙々と仕事をしています。その後ろでは上司の方々なのでしょう。受付の方々がした業務を精査しているのだと思います。受付の方と上司の方が少しお話をしていました。もちろん内容はわかりません。話が終わり受付の方が上司に背中を向けた時、舌を「ベーっだ」というような表情をしたのです。新卒の新入社員ならまだなんとなくそんなことしたくなるような気もわかるのですが中堅の年齢な感じだったのです。優等性、エリートというイメージが強かった銀行員の方がこんな事するなんてとても意外で少し笑えました。実際はどちらが悪かったのかはさっぱりわかりませんがなんとなく「頑張って〜」と心の中で呟いていました。どの業界でも仕事していく、というのは色々あるよね・・と思った一瞬でした。

関連リンク

Copyright (C)2017銀行窓口の接客について.All rights reserved.